2006/09/05

WEM山梨

えー、行って参りました。
今回の監督は房間さん、ドライバーはヨシアキ(小)さんという体制でした。

事前に房間さんがコースを見に行った感想は「大した勾配じゃないよ」というものでしたが、走行抵抗が非常に少ないエコランカーとしては十分すぎるほどの下り勾配で、出力の大きくないモーターに対しても十分すぎるほどの上り勾配でした。

奥に向かって登り勾配です

今回の車体の仕様はほぼ秋田そのままで、モーターの巻き線が少し遅くなっただけ、という仕様。

結論を言うと、外しまくりなセッティングでした。
ここら辺は房間さんから報告があるかな?


レースとしてはトップチームはZDP系以外は勢ぞろいという感じでレベルの高い戦いでした。
でも、秋田と同じバッテリーで、直線の折り返しだけのコース。これでも70km弱ほどの優勝記録ですから秋田ほどではありません、これは微妙すぎて厄介な勾配が効いているんでしょうね。

あとは防災ヘリが離陸するためにレースが一時中断するということがあったのも影響したでしょうか。
下りの区間で止まった場合はさほど問題ないでしょうが、登り途中で止まった車は再発進の電流はバカに出来ません。(ウチはそうでした)

レース運営は初開催とは思えないほど非常にテキパキとして分かりやすく、とても良かったです。

全体的にかもし出される”体育会系”の雰囲気も懐かしくて心地よかったし、
(”イベント屋”のレースとはちょっと違う感じ…といえば分かるかなぁ)
宿泊、食事などの環境もホントに最高でした。


ぜひ続けて開催していただきたいですね!良いレースになる要素が一杯です。


あ、ちなみに順位は
  1. トヨタ MONO-1
  2. アイシンAW
  3. 豊橋創造大
でした。
スーパーエナジーはフロントホイールのトラブルでリタイヤ。
なお、ウチは作戦ミス&エネマネミスでOpenクラス7位でした…。

2 件のコメント:

  1. レースお疲れさまでした。
    日曜日だけ、プラッと見に行って来ましたー。
    なんか独特のムードでしたけど(起立、礼!!とか)、なかなかイイ感じの大会でしたねー。

    返信削除
  2. 開会式ではダンス部から歓迎のダンスが披露されたりして、色々面白かったです。
    あと、食堂の夕食もスゴイです。

    返信削除